40代卵子の老化を防ぐ食べ物まとめ!これであなたの卵子老化を予防しよう

卵子は生まれた瞬間から新しく作られる事は、ありませんあなたが40歳なら卵子年齢は40歳となります。加齢が自然妊娠や正常な出産に悪影響が出るのは卵子の老化が大きく関わってきます。卵子の老化を防ぐ食べ物を紹介します
MENU

40代卵子の老化を防ぐ食べ物まとめ!これであなたの卵子老化を予防しよう

40代卵子の老化を防ぐ食べ物まとめ!これであなたの卵子老化を予防しよう
最近では、卵子の老化という言葉をよく耳にするようになりましたが、卵子の老化を防ぐことって、果たしてできるのでしょうか?
もし良くすることができるなら、こんな嬉しいことはありませんよね。ここでは、自分でできる改善点として、「食べ物」にクローズアップをしてみましょう。
卵子の質をあげる=卵巣の働きを良くすることです。
卵巣の働きを良くするためには、身体が冷えていては良くすることはまず無理です。
女性は身体を冷やすなとよく言われていますが、つまり、卵巣を良くするためには身体を温めることが非常に重要なんです。

 

卵子老化防止に体を温める

卵子老化防止の食べ物としてそれでは、身体を温める食べ物って、どんなものがあるのでしょうか。
スーパーに行くと、色とりどりの食材が並んでいますが、食べ物の色って、結構重要なんですよ。
温める食べ物は、赤・黄色・オレンジ・黒色が多いです。これらの色の食べ物が頭に浮かんできましたでしょうか?

 

具体的には、野菜なら根菜類・芋類・海草・ネギなど、果物ならりんご・さくらんぼ・梅・ナツメ・ブドウ・栗など、穀物類ならそば・ゴマ・ひえ・アワなど、飲み物ならほうじ茶・紅茶・番茶・たんぽぽコーヒーなどが挙げられます。
それから、味についてですが、苦かったり、塩辛かったり、渋かったり・・・食べたくないなと思うような味を持つ食材が、身体を温める食べ物なんですよ。
反対に、甘いものや酸っぱいものは身体を冷やしてしまいます。また、夏の野菜は身体を冷やすものが多いのですが、秋や冬に旬を迎える野菜は身体をあたためてくれます。柔らかいものより硬いものも良いです。
それから、適度に塩分を含んでいるものも、身体をあたためるんですよ。塩分は良くないと言われていますが、摂りすぎが良くないのであって、適度な塩分は必要ですので必要以上に減らさないようにしましょう。何事も、「バランス良く」が大切です。

 

卵子の老化防止で質の良い卵子にするために

卵子の老化防止のテーマとして、さて良い質の卵子が成長するために、卵子が好む成分って何だかご存知ですか?
卵子はミトコンドリアという細胞を含んでいるのですが、このミトコンドリアはカリウムと酵素を好みます。カリウムは、体内から塩分を排出してくれたり、血圧を下げてくれたりする働きをするものです。
パセリやほうれん草、バナナ、アボカドなどはカリウムを多く含んでいます。他にも、カリウムを含む食材はたくさんありますが、一般的には野菜や果物に含まれています。注意点としては、生のまま食べる場合は身体を冷やすものが多いので、例えば、野菜なら一度加熱した上でいただいたり、果物ならドライフルーツにして食べるのも良いでしょう。
ドライフルーツとナッツがミックスされているものが売られていますが、ナッツも身体を温める食材ですので、一緒に美味しく食べられますね。

 

また、酵素は、食べ物で摂る以外に、最近では栄養食品としての食べられる酵素も売られていますが、有酸素運動でも酵素を取り入れることができるんですよ。簡単にできる有酸素運動のひとつとしては、ウォーキングがオススメです。費用もかからず、お手軽で、美味しい空気も味わえるので、是非やってみてくださいね。腕をしっかり動かしながら、だいたい30〜40分くらい行うと効果が出ます。

 

卵子の老化防止として最後にもう一つ。
冷えを防止するためには、食べ物も大切ですが、半身浴をしたり、夏でも靴下を履いたり、風呂釜に入れなくても足湯は欠かさずしたり、とにかく下半身を温める意識を持つことも大切です。

卵子の老化を防ぐために今するべきこと

40代卵子の老化を防ぐ食べ物まとめ!これであなたの卵子老化を予防しよう
「卵子の老化」という言葉を聞いて。あなたは、本当に老化なんてするの?と思うかもしれませんが、老化するっていうのは本当なんです。
卵子は生まれた時に約200万個あったものが、35歳頃には約2万5千個ほどまで少なくなってしまいますし、卵子は新しく作られるわけではないので、残っている卵子も人間の年齢に比例して年をとっているのです。

 

人間だって、30代後半や40代くらいになると、徐々にシミ・白髪なども出てきますよね。それと同じで、卵子も、20代には綺麗なまんまるな形だったものでも、徐々に歪な形になったり、卵子の機能も低下していくのです。
とはいっても、美魔女と呼ばれる高齢ながら美しく若い見た目の方が増えている昨今ですから、自分は若いし、卵子も老化していないと錯覚してしまっても仕方ありませんが、卵子は見た目ではなく、あくまで年齢に比例しているということを頭に入れておきましょう。

 

さて、気づいたのが遅くて、もはや卵子も老化してしまった・・・という方のため、今から、僅かながらでも、卵子の老化を防ぐ方法ってあるんですよ。それをこれからお教えしましょう。

 

卵子が老化する5つのポイント

1、喫煙

まず、タバコは厳禁です。
煙の有害物質によって、卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌量が減少することがわかっています。その上、卵の細胞を消滅させてしまう恐れもありますし、何より、閉経も早くなってしまうんですよ。

 

2、体の冷え

二つ目は、体の冷えです身体を冷やさないこと。冷えって、女性にとって大敵なんです。身体をあたため、血行が良くなると、代謝があがり、そして、代謝が上がれば、有害物質を排出しやすくしてくれるんですよ。卵子のためにも、特に下半身は温めるようにしましょうね。

 

3、睡眠不足

三つ目は、睡眠不足、良い睡眠をとることです。睡眠といっても、質が良くないといけません。朝までグッスリ眠ることで、ストレスが減少しますし、また、「成長ホルモン」の分泌を促してくれるんです。成長ホルモンとは、質の良い卵子にとって欠かせないものですから、睡眠不足や遅くまで起きていることは止めましょう。

 

4、生活習慣

四つ目は、生活習慣の乱れ、バランスの良い食事と適度な運動が大切です。どんなに栄養のある食材でも、偏った食事の仕方は逆効果をもたらす恐れがあります。特に、添加物の多い食事ばかりしていると、有害物質が体内に蓄積していきますので、身体には大変悪いことです。適度に身体を動かすことによって、代謝が上がって、有害物質も排出されますので、食事と運動の適度なバランスをしっかり見極めましょう。

 

5、抗酸化力の低下

五つ目は、抗酸化力の低下です、抗酸化力の向上が必要です。活性酸素について、ご存知ですか?活性酸素の原因になるものとして挙げられるのは、タバコ・アルコール・ストレス・紫外線などです。これらによって、体内に過剰に発生すると、卵子の質を低下させると言われています。活性酸素をなくすためには、抗酸化力をつけることです。

 

生活の改善をしたり、食べ物で抗酸化力のあるものを摂取するように心がけましょう。
葉酸サプリランキング

このページの先頭へ